喪中はがき

喪中はがきの作り方について

17.10.16

喪中はがきの作り方について

 

前回の「喪中はがきのマナー。書き方について」では、
喪中はがきの書き方について説明しました。

今回は、「じゃあ、実際に作るときはどうすればいいの?」
という人におすすめの情報をお届けします。

 

喪中はがきはどうやって作る?

 

疑問

 

喪中はがきを作るには、まずおおよその枚数を割り出す必要があります。
そして、前回の「喪中はがきのマナー。書き方について」でご説明したような
マナーに沿って、宛名や文面の書き方を考えなければいけません。
手書き派の方は筆や筆ペンの準備が必要ですね。

最近は自宅のPCやプリンターを使用する方が多いと思いますが、
大量に印刷する場合はインクや用紙の準備が大変です。
印刷ミスが起きた日にはもう面倒になってしまいます。
それに、時間をかけても思い通りのレイアウトにならなくてやきもきしたり…。

ご家庭にもよると思いますが、喪中はがきの手配は時間も手間もかかります。
故人に関係することだから時間をかけたいけれど、
親族が亡くなった後はどうしても慌ただしいものですよね。

それに喪中はがきは日本のあいさつ文化。大切だということは分かっているし、
仕上がりに妥協したくない…。

そんな方には、喪中はがきのネット注文印刷がオススメです!

 

喪中はがきのネット注文印刷の良いところ

 

PCを使う男性

 

ネット注文印刷とは、インターネットを使用してホームページ上で
喪中はがきなどの挨拶状を作ることができ、そのまま印刷までお願いできる、
「インターネット上のお店」と考えていただくのがカンタンです。
今回は喪中はがき印刷2018を一例に、ネット注文印刷の具体的な内容に触れてみましょう。

 

好みのデザインにできます

 

喪中はがきはスタンダードな縦書きのものから、
おしゃれな横書きのものまで、豊富なデザインから選べます。

喪中はがき印刷2018では喪中ハガキでもデザインが127種類(デザイン対応のもの)
もあってとっても豊富なんです!

自宅のPCから、必要事項を穴埋めで記入・選択したら、
あとはその場でじっくりレイアウトを詰めることができます。
後から「想像と違った…」なんて心配もありません!

 

割引サービスでお得になります

 

喪中はがき印刷2018をはじめ、ネット注文印刷は、
枚数が多いほど1枚あたりの料金が安くなる料金システムが多いんです。

さらに、早期に注文することで料金がお得になる
早割を実施しているところも多いでですよ。
他には、同じデザインで一定枚数注文すると安くなる、なんて場合も。

喪中はがきでお金の心配をするなんて気が引ける…
という方もいらっしゃると思いますが、実際、
はがきもインク代も安いものではありません。

ネット注文印刷なら、はがき代に印刷代をプラスしても、
はがきを買って自宅で印刷するよりかなり安く済むんです。

 

他社サービスとの違いは?

 

:PCを使う男性2

 

他にはがき印刷を代行してもらえる場所には、印刷会社や写真店があります。
喪中はがき印刷は各社行っているサービスですが、
店舗やサービス内容よっては受け取りの手間が発生したりする場合もあります。

喪中はがき印刷2018では喪中はがきに特化したホームページを用意していることもあり、
喪中はがきのマナーにも詳しいプロに印刷してもらえるんです。
デザインも豊富な種類から選べますし、注文自体も自宅のPCからじっくり行えます。

また、納期の対応や自宅への郵送などのサービスも充実しています。
分からないことがあった時には、10:00~17:00(休み:土・日・祝)なら電話で問い合わせれば教えてもらえますよ。

喪中はがきは年賀欠礼を伝えるだけでなく、故人への想いを込めたり、
故人と交友のあった方への感謝を伝えることができる書状です。
慌ただしい中でも高品質な喪中はがきを作りたい、
とお思いの方は多いのではないでしょうか?

そんな方はぜひ喪中はがきのプロに依頼して、心のこもった喪中はがきを作りましょう。

今回ご紹介した喪中はがき印刷2018は、下記から確認していただくことができます。

喪中はがき印刷2018はこちら