プリントを依頼する

プロの年賀状印刷には、「お店プリント」「ネット注文印刷」の2種類があるんです!

17.10.16

プロの年賀状印刷には、「お店プリント」「ネット注文印刷」の2種類があるんです!

 

年賀状の印刷を依頼する際、気になるのは印刷の仕上がりだと思います。

印刷の種類にはどんなものがあるのか、どの種類のハガキに印刷してくれるのか、どんな仕上がりになるのか、
一つ一つ調べるのは大変ですよね…。

今回は印刷の違いについて触れてみましょう!

 

プロに印刷を依頼する場合、
印刷方法には大きく分けて2つの方法があります!

 

pixta_11555203_173

 

印刷を依頼する際には、

①お店プリントに依頼する方法
②ネット注文印刷に依頼する方法

の2つの方法があります!

お店プリントは、印刷会社や写真屋さんなどで年賀状の印刷をお願いする方法です。
ネット注文印刷は、ホームページ上で年賀状を作成して、そのまま印刷をお願いする方法です。

お店プリントに依頼する場合でも、ネット注文印刷に依頼する場合でも、
年賀状の印刷方法には、大きく分けて以下の2種類の方法があります。

・はがきに直接印刷する方法
・紙に高品質な印刷をする、または写真印画紙・特殊用紙などに印刷してから、
年賀状に貼り合わせる方法

直接印刷とは、はがきの前面に印刷する方法で、
フチなし印刷がキレイにできます。

ただし、品質に限界がありますし、
あくまで紙にインクが載っているだけの状態なので、
水や擦れに弱い、という欠点もあります。

紙に高品質な印刷をする、または写真印画紙・特殊用紙などに印刷してから
年賀状に貼り合わせる方法は、
断裁した紙がはがきのサイズより小さいと、白フチができてしまうことも…。

年賀状のサイズぴったりに切り取って貼れば、フチなしの年賀状に仕上がります。
こちらの印刷方法は仕上がりが美しく、
特に高品質な紙に印刷すればよりキレイに仕上がります!

 

きれいな印刷方法には、例えばこんな手法があります!

 

173e686b7b21ea20a6948931e8a6ef7ae6f_s

 

紙に高品質な印刷をする場合や特殊用紙に印刷する場合の、一例をご紹介いたします。

例①銀塩プリント
通常の印刷が紙にインクが載っているだけの状態だとしたら、
銀塩プリントは、紙自体に画像の元となる発色する薬品が塗られている状態、
といえます。
簡単に言えば、紙とインクが一体化に近い状態になっているのです。

ですから、水や擦れにも強いですし、
色彩がはっきりとした美しい印刷に仕上がります。

例②写真印画紙や高級紙への印刷
写真印画紙への印刷は、実際の写真と同じような仕上がりになりますので、
特に写真入りの年賀状をキレイに印刷したいときに適しています。

また、特殊用紙には様々な種類があります。
例えば、特殊用紙の中でも高品質な紙の一つにシルキー紙があります。
シルキー紙を使うと柔らかな質感の仕上がりになるので、
人物や動物の写真の印刷にもオススメです。

例③特殊用紙
キラキラ輝く特殊用紙もあり!
角度によってキラキラと輝き方が変わるので、高級感があり、
印刷自体もキレイに仕上がります。

 

まだまだ掘り下げます、2つの方法の違い!

 

インターネット上で印刷について調べてみても、
「結局、どこがいいのか分からないぞ…?」
と、首を傾げてしまう方も多いかと思います。

そんな方は、ぜひ次回の記事も読んでみてください!

 

次回、
お店プリント」と「ネット注文印刷」の仕上がりの違い、まとめました!」では、
「お店プリント」と「ネット注文印刷」の、
それぞれの特徴やメリットデメリットについてご説明していきます!

 

 

年賀状のネット注文印刷なら最短当日出荷もできます!