年賀状の準備

インクジェットプリンターにはインクジェット紙のはがき、レーザープリンターには普通紙のはがきを使ってきれいな年賀状に!

17.10.16

インクジェットプリンターにはインクジェット紙のはがき、レーザープリンターには普通紙のはがきを使ってきれいな年賀状に!

 

前回の年賀状に関する悩みや困りごとは早めに解消して、マナーに沿ったごあいさつを
しましょう!
では、年賀状のマナーで悩まれがちなことについて解説しました。

今回は年賀状を印刷するときに困ることやありがちな疑問についてご説明します!

 

インクジェットプリンターにはインクジェット紙のはがきを使い、発色を鮮やかに!

 

年賀状印刷

 

年賀はがきの種類は主に「普通紙」「インクジェット紙」の2種類です。
はがきの種類とプリンターの種類によって仕上がりが異なりますので、
お使いのプリンターに合わせてはがきを買いましょう。

ちなみに違いは通信面のみで、宛名面の品質は同じです。

 

年賀状の裏表

 

インクジェット紙のはがきの通信面には
インクを乗せるのに適したコーティングがされています。
普通紙はがきに印刷したときよりも発色が鮮やかになるので、
イラストや色柄の印刷に向いています!

インクジェット紙のはがきの中には写真印刷用のものもあります。
写真のように表面に光沢があり、
通常のインクジェット紙に印刷するよりキレイに仕上がりますので、
写真がメインの年賀状を作りたい方はぜひご検討ください。

家庭用のプリンターのほとんどがこちらのインクジェットプリンターにあたります。

 

レーザープリンターには普通紙のはがきを使うときれいに印刷できます!

 

レーザープリンターで印刷する場合は、普通紙のはがきが適しています。

レーザープリンターは熱で粉(トナー)を吹き付けるという印刷方法ですが、
インクジェット紙のはがきに施してあるコーティングが熱で溶け出してしまい、
プリンターの故障の原因になるためです。

インクジェットプリンターのようにインクを吹き付ける方法とは異なり、
普通紙はがきでもキレイに印刷できるようになっています。

 

書き損じや印刷ミス、間違えて買ったはがきは、郵便局で交換してもらえます!

 

必要数ピッタリのはがき枚数を買うと、
書き損じや印刷ミスが起きたときに困りますね。
年賀状印刷では普段使わないプリンターを久しぶりに稼働するご家庭も多く、
インク詰まりによる印刷ミスもかなりの確率で起こりやすいです。

書き損じや印刷ミスをしたはがきは、郵便局の窓口にて1枚につき
手数料5円で新品のはがきと交換してもらえます!

また、

「間違えて普通はがきを買ってしまった」
「身内に不幸があり突然喪中用のはがきが必要になった」

こういったお悩みも年末にはありがちです。

この場合も、違うはがきと交換してもらえます。
未使用のはがきですと手数料がかからないこともありますから、
気軽に相談してみましょう!

印刷が終わったら、次は年賀状の内容に関するマナーが気になりますね。

【年賀状マナーの基本!】賀詞/添え書き/年号・日付では
年賀状を書くときに気を付けたいマナーについて解説しています。
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

 

年賀状のネット注文印刷なら最短当日出荷もできます!